これから生きる子どもたちに必要な力

10/17 年長組 アトリエ

少し前の文部科学省の資料に以下のようなことが書かれていました。

「これからの社会を生きる子どもたちは、自ら課題を発見し解決する力、コミュニケーション能力、物事を多様な観点から考察する力、様々な情報を取捨選択できる力などが求められると考えられます」

どうしてこのような教育が望まれるのか。

大雑把な言い方をしますが、
少し前の社会では会社の先輩や師匠・先代など、教育係に相当する人から、教えられたことをしっかり覚えて行っていれば、会社やお店はずっと続いていく、というところが多かったのだと思います。

今の社会、近隣のお店から企業まで、10年同じ形態でいられるところは少ないと思います。使える知識(駆動する知識)を使って、社会の変化に対応していく力が必要のようです。それを育むのが新しい教育です。

荒尾第一幼稚園の今日の何気ない日常の保育の中に、
「自ら課題を発見し解決する力、コミュニケーション能力、物事を多様な観点から考察する力、様々な情報を取捨選択できる力」
これらを育む活動がたくさん見られます。

年長組、ここ数日の活動の発展として形作り。

3回折ると三角。6回折ると6角形と形ができ好きな形を「これはいえみたい」「観覧車作ってる」と自分で考えイメージしながら作っていく。グループで作っていけたらいいねと話しているところ。

形作り


年中組。

映画作り。だんだん、保育者がいなくても準備をしたり連絡をしたりする姿も見えてきた。写真、手前寝ている子たちは、自分がカメラに映らないようにして、人形を操っているところ。

映画撮影

動物作りでは、塗りたかった色がなかったため、自分たちで色づくりをしてから色を塗る。「灰色って何色混ぜる?」と保育者に聞いてきた子に対して「白と黒でできるよ」と教えてくれる子がいた。

象さん 着色

恐竜は石から「絵」へ。

アンキロサウルスとステゴサウルス

年少組

ハサミで切った形を色んなものに見立ててノリで貼っていくことを楽しむ。「これを作るから、この材料がいる!」と選んで切っていく子どもの姿などあった。また、真っ白の紙を自分の考えた形に切って黙々と作り進める姿があった。

自由自在に

ハサミ名人!年少組

年少組、はさみ名人の活動。
昨日、行った活動ですが、今日は昼食の後、自由に課題に挑んでいたようです。

遊びの時間は木の実や葉っぱを使って描いていました。

手前が製作途中の象。

年中組、複数のプロジェクト活動はどの活動も落ち着いて活動に向かっていました。
映画は折り返し地点に到達。動物作りは、象ときりんが増えていました。
ピタゴラ装置もみんなでやりとりをして作業を進めていました。

幼稚園のあちこちから集められた四角形の物

年長組

幼稚園にある形を集めて分類。写真は四角形。途中で◯や△だけでは分けられないことに気づき、どんな形なんだろうと考えたりしていました。すると三角や四角が合わさった形などと発見。

どんぐりコマ。ブロックで何度もこすりながら作っていました。

10/15 グループ活動

昨日の色と数の活動の様子。

石で恐竜

年中組「恐竜を石で描くプロジェクト」
メンバーで石をたくさん拾って洗い、素材の準備をしました。

預かり保育の時間、年長組がその石と恐竜の絵と黒い台紙をじっと見て、
すうっと、アンキロサウルスを描きました。

アンキロサウルス、化石のよう。

保育室に帰ってきた年中組。できている作品を見て「すごい」の一言。そして刺激を受けて「ぼくはステゴザウルス」と言って、作り始めました。ひとつ一つ石を選び、ゆっくり時間をかけて作りました。

集中して製作。
ステゴザウルス、完成!

年長組は謎の活動。

色と数が課題。グループで話し合いながら広告から探し出す遊び。「これどう?」「あったよ、見て」などと話しながら進めていく姿が見られました。(色の名前はクラスのグループ名)

同系の色が集まりました。

なぞなぞ地獄

荒尾第一幼稚園 入園説明会10/26(土)AM10:00〜11:30
説明会10/26(土)AM10:00〜11:30

入園説明会 10/26(土)AM10:00〜11:30

これからの社会を生きていく子どもたちに
どんな力が必要なのか。(21世紀型スキル)
その力を育むために幼児期に何が必要なのか。そんな話から荒尾第一幼稚園の保育内容を説明します。


ある日の荒尾第一幼稚園  3話

なぞなぞ地獄   新バス運転手

子どもたちはなぞなぞが大好きだ。

こう書くとほほえましい。きっと皆さんは「先生なぞなぞだして~」「先生なぞなぞ出すからこたえて~」といったかわいらしいやりとりを想像することだろう。

だがその実態はほほえましいなんてものではない。なぞなぞ地獄だ。

「なぞなぞ!」

「はやくなぞなぞ!」

「はやく問題しろ!(なぞなぞのこと)」

その様子は飢えた獣の如し。そしていざ先生がなぞなぞを出すと我先に答え、簡単であればほこらしげに「簡単すぎる」と言ってのけ、なぞなぞのおかわりを要求する。難しければ先ほどの飢えた獣の様子で今度はヒントを要求してくる。

「おモチはついたら喜ばれるけど、つくと怒られるものはなんでしょう?」(答え:ウソ)

「ヒント! ヒント!」

「悪いことをした人がついたりするかな~」

「包丁!!!!」

子どもたちはなぞなぞが大好きだ。

もちろん答えるばかりではない。子どもたちがなぞなぞを出してくることもある。ある日帰りのバスの中である子から出てきた問題はこれだ。

「最初は一つで、次は二つで、三つになるものはなんでしょう! ヒントはね! お兄さんが使ったりするよ!」

皆さんは正解がわかるだろうか。最初からヒントつきの大サービスだったが、先生もほかの子たちも誰一人正解できなかった難問だ。

正解は「割りばし」だ。

ほかの子どもたちは「問題がおかしい」と大ブーイング。しかし出題した子はどこか得意げだった。残念なことにすぐにその子の家についてしまったのでなぜ「割りばし」なのかは直接聞くことができなかった。

おそらく「はじめは一本だけど使うときに二本になるものは?」(答え:割りばし)といったような問題を聞いたことがあったのだろう。この「増える」というギミックにつよく感動したのではないか。それで勢いがついて、つい三本にまで増えたのではないか。「お兄さん」というのはおそらく箸を自由自在に使える、子どもたちより少し上の年齢の人全般をさしているのではないだろうか。

きっとそんなロジックに違いない。

一見理不尽でも、きっと子どもたちなりに理屈が通っているのだ。たぶん。

伝える力・受け取る力

あやとりの難しい技 カメ

年長組。あやとりの難しい技が出来るようになるまで粘り強く取り組んでいます。
友達に教えることも上手にできるようです。また、教えてもらう方も聴く力の育ちを感じます。

仲間意識が出てきているようでゲームなどでチームに分かれると自然と肩を組み始めます。ハウス作りも役割分担をしなが進めています。

役割の分担をしながらコツコツ製作中。 年長組

年中組の動物たちのいるところにトナカイが追加されていました。

この場所は、子どもたちなりに本物のようにしたいようで関係ないものは(例えばペットボトルのフタなど)置かれないようです。
公園の遊具も充実してきました。

年少組。友達の作っている上手な泥ダンゴの作り方に興味を持ち、
同じ場所の土や砂を使って、お手本を目指して作っています。広がる世界です。

泥団子 年少組