なぞなぞ地獄

荒尾第一幼稚園 入園説明会10/26(土)AM10:00〜11:30
説明会10/26(土)AM10:00〜11:30

入園説明会 10/26(土)AM10:00〜11:30

これからの社会を生きていく子どもたちに
どんな力が必要なのか。(21世紀型スキル)
その力を育むために幼児期に何が必要なのか。そんな話から荒尾第一幼稚園の保育内容を説明します。


ある日の荒尾第一幼稚園  3話

なぞなぞ地獄   新バス運転手

子どもたちはなぞなぞが大好きだ。

こう書くとほほえましい。きっと皆さんは「先生なぞなぞだして~」「先生なぞなぞ出すからこたえて~」といったかわいらしいやりとりを想像することだろう。

だがその実態はほほえましいなんてものではない。なぞなぞ地獄だ。

「なぞなぞ!」

「はやくなぞなぞ!」

「はやく問題しろ!(なぞなぞのこと)」

その様子は飢えた獣の如し。そしていざ先生がなぞなぞを出すと我先に答え、簡単であればほこらしげに「簡単すぎる」と言ってのけ、なぞなぞのおかわりを要求する。難しければ先ほどの飢えた獣の様子で今度はヒントを要求してくる。

「おモチはついたら喜ばれるけど、つくと怒られるものはなんでしょう?」(答え:ウソ)

「ヒント! ヒント!」

「悪いことをした人がついたりするかな~」

「包丁!!!!」

子どもたちはなぞなぞが大好きだ。

もちろん答えるばかりではない。子どもたちがなぞなぞを出してくることもある。ある日帰りのバスの中である子から出てきた問題はこれだ。

「最初は一つで、次は二つで、三つになるものはなんでしょう! ヒントはね! お兄さんが使ったりするよ!」

皆さんは正解がわかるだろうか。最初からヒントつきの大サービスだったが、先生もほかの子たちも誰一人正解できなかった難問だ。

正解は「割りばし」だ。

ほかの子どもたちは「問題がおかしい」と大ブーイング。しかし出題した子はどこか得意げだった。残念なことにすぐにその子の家についてしまったのでなぜ「割りばし」なのかは直接聞くことができなかった。

おそらく「はじめは一本だけど使うときに二本になるものは?」(答え:割りばし)といったような問題を聞いたことがあったのだろう。この「増える」というギミックにつよく感動したのではないか。それで勢いがついて、つい三本にまで増えたのではないか。「お兄さん」というのはおそらく箸を自由自在に使える、子どもたちより少し上の年齢の人全般をさしているのではないだろうか。

きっとそんなロジックに違いない。

一見理不尽でも、きっと子どもたちなりに理屈が通っているのだ。たぶん。

伝える力・受け取る力

あやとりの難しい技 カメ

年長組。あやとりの難しい技が出来るようになるまで粘り強く取り組んでいます。
友達に教えることも上手にできるようです。また、教えてもらう方も聴く力の育ちを感じます。

仲間意識が出てきているようでゲームなどでチームに分かれると自然と肩を組み始めます。ハウス作りも役割分担をしなが進めています。

役割の分担をしながらコツコツ製作中。 年長組

年中組の動物たちのいるところにトナカイが追加されていました。

この場所は、子どもたちなりに本物のようにしたいようで関係ないものは(例えばペットボトルのフタなど)置かれないようです。
公園の遊具も充実してきました。

年少組。友達の作っている上手な泥ダンゴの作り方に興味を持ち、
同じ場所の土や砂を使って、お手本を目指して作っています。広がる世界です。

泥団子 年少組

ピタゴラスイッチ大作戦

預かり保育の時間、
年中組が取り組んでいたピタゴラスイッチ風のドミノが成功しました。

ラストのスローモーションは、別角度で違う機会に撮ったものです。
失敗の映像ですが見えやすいかと思い入れています。

年長組の情報発信大作戦

たびたび取り上げますが、
幼稚園教育要領の「幼児期の終わりまでに育って欲しい姿」「(5).社会生活との関わり」

今回は「情報の活用」。
年長組はプロジェクト計画「ハウスづくり」のために、少ない材料の牛乳パックをなんとかするため、ボスターを掲示して、お家の方に呼びかける作戦に出ました。

(参考)
5 社会生活との関わり「幼児期の終わりまでに育って欲しい姿」
家族を大切にしようとする気持ちをもつとともに、地域の身近な人と触れ合う中で、人との様々な関わり方に気付き、相手の気持ちを考えて関わり、自分が役に立つ喜びを感じ、地域に親しみをもつようになる。また、幼稚園内外の様々な環境に関わる中で、遊びや生活に必要な情報を取り入れ、情報に基づき判断したり、情報を伝え合ったり、活用したりするなど、情報を役立てながら活動するようになるとともに、公共の施設を大切に利用するなどして、社会とのつながりなどを意識するようになる。

ライオンたちのいるところ

ライオンとトラ 年中組

葉っぱや枝を使っての動物作りが盛り上がり、ライオンたちが住んでいそうな場所も作り始めました。

映画づくりは、今まで撮影したところを試写。みんなでiPadを覗き込んでいます。

撮影状態確認のため試写

石をタワシで洗って布で拭き、折り紙の上に乗せました。石を見ながら「恐竜ができそうだ」と言っていました。意味や形にこだわったりして集める活動など、今後の展開にも期待。

年長組はダンボールに絵の具。それを見た子が「それ、(牛乳パックの)家に貼ればいいんじゃない」と提案してくれました。周りの子も「それいいね」とどんどん作られていました。

家の壁になる予定

外は今日もダイナミック。

色と光
泥と水
製作ライオンたちのいるところ
発揮と抑制 俊敏と捕球 仲間と楽しさ