他人から学ぶこと

けん玉 年長組

最近の研究では幼い子が他人から学ぶことは、想像よりはるかに多いことが示されている。そして特筆すべきは、意識的で計画的な教育から学ぶのはごくわずかであるということ

「思いどおりになんて育たない 反ペアレンティングの科学」
アリソン・ゴプニック著

アリソン・ゴプニックというとてもすごい視点をもっている発達心理学者が書いた本の文章のある一部です。

真っ先に思ったのが、子どもたちの間で流行っていたあやとり、折り紙など。友達の様子を見ながらどんどん上達していきます。iPadの操作にしても、私の想像より遥かに上手に扱い方を覚えます。駒にしても、竹馬にしても。そして、最近のけん玉も。

試行錯誤や探究、挑戦的課題に向かう環境を大切にしていきたいです。

3学期を前に

あけましておめでとうございます。

明日の3学期始業を前に、職員で勉強会をしました。
非認知能力を育むための協同的活動、ルールのある集団遊び、劇作りなど実践に取り組んできていますが、最近、この非認知能力をさらに丁寧に捉える考え方がでてきているようです。

「実行機能」

目標を保持する力。
目標に向かうために頭を切り替える力。

先日の「年長組劇作り実践記録」の中の姿では「劇をみんなで協力して完成させようとする主体的な姿勢」。よりよくするために、新しいやり方を取り入れていく姿、などが上げられるかもしれません。

感情の実行機能。思考の実行機能。
抑制、更新、シフト

言語性・視空間性のワーキングメモリ。
目と耳から情報が入った方が理解しやすいことはわかっていましたが、ごっこランドを見ている方の「子ども達の集中」も音声と視覚の情報が交わる中央実行系の働きで説明ができないかなと、本日の勉強会で感じました。私の仮説「ごっこランドを体験すると中央実行系を活性化させる」。エビデンスはありません。

昔、脳科学に興味をもって本を読みまくりましたがその時の知識が最近の発達心理学を理解するのに少し役に立ちそうです。

今年も、良い保育を目指していきます。

今年もよろしくお願いします。

なぞなぞ地獄

荒尾第一幼稚園 入園説明会10/26(土)AM10:00〜11:30
説明会10/26(土)AM10:00〜11:30

入園説明会 10/26(土)AM10:00〜11:30

これからの社会を生きていく子どもたちに
どんな力が必要なのか。(21世紀型スキル)
その力を育むために幼児期に何が必要なのか。そんな話から荒尾第一幼稚園の保育内容を説明します。


ある日の荒尾第一幼稚園  3話

なぞなぞ地獄   新バス運転手

子どもたちはなぞなぞが大好きだ。

こう書くとほほえましい。きっと皆さんは「先生なぞなぞだして~」「先生なぞなぞ出すからこたえて~」といったかわいらしいやりとりを想像することだろう。

だがその実態はほほえましいなんてものではない。なぞなぞ地獄だ。

「なぞなぞ!」

「はやくなぞなぞ!」

「はやく問題しろ!(なぞなぞのこと)」

その様子は飢えた獣の如し。そしていざ先生がなぞなぞを出すと我先に答え、簡単であればほこらしげに「簡単すぎる」と言ってのけ、なぞなぞのおかわりを要求する。難しければ先ほどの飢えた獣の様子で今度はヒントを要求してくる。

「おモチはついたら喜ばれるけど、つくと怒られるものはなんでしょう?」(答え:ウソ)

「ヒント! ヒント!」

「悪いことをした人がついたりするかな~」

「包丁!!!!」

子どもたちはなぞなぞが大好きだ。

もちろん答えるばかりではない。子どもたちがなぞなぞを出してくることもある。ある日帰りのバスの中である子から出てきた問題はこれだ。

「最初は一つで、次は二つで、三つになるものはなんでしょう! ヒントはね! お兄さんが使ったりするよ!」

皆さんは正解がわかるだろうか。最初からヒントつきの大サービスだったが、先生もほかの子たちも誰一人正解できなかった難問だ。

正解は「割りばし」だ。

ほかの子どもたちは「問題がおかしい」と大ブーイング。しかし出題した子はどこか得意げだった。残念なことにすぐにその子の家についてしまったのでなぜ「割りばし」なのかは直接聞くことができなかった。

おそらく「はじめは一本だけど使うときに二本になるものは?」(答え:割りばし)といったような問題を聞いたことがあったのだろう。この「増える」というギミックにつよく感動したのではないか。それで勢いがついて、つい三本にまで増えたのではないか。「お兄さん」というのはおそらく箸を自由自在に使える、子どもたちより少し上の年齢の人全般をさしているのではないだろうか。

きっとそんなロジックに違いない。

一見理不尽でも、きっと子どもたちなりに理屈が通っているのだ。たぶん。