なぞなぞ地獄

荒尾第一幼稚園 入園説明会10/26(土)AM10:00〜11:30
説明会10/26(土)AM10:00〜11:30

入園説明会 10/26(土)AM10:00〜11:30

これからの社会を生きていく子どもたちに
どんな力が必要なのか。(21世紀型スキル)
その力を育むために幼児期に何が必要なのか。そんな話から荒尾第一幼稚園の保育内容を説明します。


ある日の荒尾第一幼稚園  3話

なぞなぞ地獄   新バス運転手

子どもたちはなぞなぞが大好きだ。

こう書くとほほえましい。きっと皆さんは「先生なぞなぞだして~」「先生なぞなぞ出すからこたえて~」といったかわいらしいやりとりを想像することだろう。

だがその実態はほほえましいなんてものではない。なぞなぞ地獄だ。

「なぞなぞ!」

「はやくなぞなぞ!」

「はやく問題しろ!(なぞなぞのこと)」

その様子は飢えた獣の如し。そしていざ先生がなぞなぞを出すと我先に答え、簡単であればほこらしげに「簡単すぎる」と言ってのけ、なぞなぞのおかわりを要求する。難しければ先ほどの飢えた獣の様子で今度はヒントを要求してくる。

「おモチはついたら喜ばれるけど、つくと怒られるものはなんでしょう?」(答え:ウソ)

「ヒント! ヒント!」

「悪いことをした人がついたりするかな~」

「包丁!!!!」

子どもたちはなぞなぞが大好きだ。

もちろん答えるばかりではない。子どもたちがなぞなぞを出してくることもある。ある日帰りのバスの中である子から出てきた問題はこれだ。

「最初は一つで、次は二つで、三つになるものはなんでしょう! ヒントはね! お兄さんが使ったりするよ!」

皆さんは正解がわかるだろうか。最初からヒントつきの大サービスだったが、先生もほかの子たちも誰一人正解できなかった難問だ。

正解は「割りばし」だ。

ほかの子どもたちは「問題がおかしい」と大ブーイング。しかし出題した子はどこか得意げだった。残念なことにすぐにその子の家についてしまったのでなぜ「割りばし」なのかは直接聞くことができなかった。

おそらく「はじめは一本だけど使うときに二本になるものは?」(答え:割りばし)といったような問題を聞いたことがあったのだろう。この「増える」というギミックにつよく感動したのではないか。それで勢いがついて、つい三本にまで増えたのではないか。「お兄さん」というのはおそらく箸を自由自在に使える、子どもたちより少し上の年齢の人全般をさしているのではないだろうか。

きっとそんなロジックに違いない。

一見理不尽でも、きっと子どもたちなりに理屈が通っているのだ。たぶん。

どっちでしょ

幼稚園入園説明会10/26(土)
幼稚園入園説明会、是非お越しください。

ある日の荒尾第一幼稚園  2話

どっちでしょ   新バス運転手

こっそりと片方の手に小石などを握りこんで「どっちでしょ」と、どちらの手に握っているか当てさせる遊び。きっと誰もが子どもの頃にやったことがあるのではないだろうか。

送迎バスの中でも子どもたちが「どっちでしょ」とやっているのをよく見かける。

子どもを乗車、下車させるためにバスを止めている間は、私も運転席近くの子どもの「どっちでしょ」の回答者になることがある。

年少組の子は手も小さいうえにまだつめが甘く、握りこんでいるところが丸見えだったり、指の隙間から中身が見えることもしばしばある。

「こっち」

と握っているほうの手を指さすと笑いながら手を開いて小石を見せてくる。

 ある日のどっちでしょ。いつも通り不自然に膨らんだ方の手を指さす。

「ブッブー」

“どっちでしょ” の続きを読む

「送迎バスの一コマ」

「送迎バスの一コマ」       ある日の荒尾第一幼稚園  1 

新バス運転手

 今年の春、いつものように送迎バスで子どもたちを送り返していた時のこと。

 先生が子どもを保護者の元へ連れていく間、車内は子どもと私だけになる。残りの子どもは一人。今はもう卒園していった子どもだ。何気なく後ろを見ると、その子と目があった。

「あやとりできる?」

 彼は手元で毛糸を弄びながら尋ねてきた。子どもたちとの会話はいつも唐突だ。

 あやとり、私も彼と同じくらい幼かった頃は夢中になってやっていた記憶がある。今もできるだろうか、あやとりにはどんな技があっただろうか。

 ……何も思い出せない、すっかり忘れてしまっている。

「いや、できないなあ」

 私は彼に言った。彼は手元の毛糸を器用に操りながら言った。

「じゃあ何ならできるの?」

 私はひどくうろたえた。新しく雇ったバイトが人並みはずれてダメだった時に店長が言うようなセリフだ。そんなナイフのようなセリフが子どもから出てきてひどくうろたえてしまったのだ。

 いや、彼には私を言葉のナイフで傷つけようなんてつもりがないことはわかっている。純粋に、何ができるのか聞きたかったのだろう。

「運転とか、できるよ」

 少し悩んで私の口から出た言葉はそれだった。当たり前だ。今こうしてバスの運転手をしている。彼も、見ればわかると言った顔をしている。失敗だった。他のことを言うべきだった。何か尊敬されるような、きらびやかな特技を。

 少し呆れたような顔で、彼は言った。

「それしかできないの?」

 私はひどくうろたえてしまった。

 そうこうしているうちに先生がバスへ帰ってきた。彼は私から興味を失い、先生と何か話している。

 正解はなんだったのだろうか。なんと答えるのが正しかったのだろうか。今でもその時のことを思い出して考え込んでしまう。