砂を入れました!

春休み。新年度に向けて準備しています。

砂場の砂はおよそ2年間で、子どもたちが遊びの中でせっせと、どこかに運び出します。
少なくなっていたので、
また、2tトラックで入れてもらいました。

子どもの砂場遊びを数値にすると2年間で2トンのエネルギー!

卒園おめでとう!

3/3撮影

雛人形が完成した日。鬼のお面をかぶって撮影しました。
まだ園生活は続くと思っていた頃。

本日、卒園式。
さくら組のみんな、卒園おめでとう! みんなのこと応援しています。

VS

年少組は「水」と「土」どちらが強いのか?
という遊びを色々な子が関わってしているようです。

実験中。水 VS 土

数日前の年長組、ケイドロの様子。
隠れ方がなんだか美しい。園を知り尽くしています。

ケイドロで隠れているところ

年長組、等身大の絵も終わりました。いよいよ卒園が近づいてきましたが、
最後の最後まで、楽しく!

等身大の絵

濃厚な運動会

運動会 開始前

10/4の日曜日、運動会。初めての午前中で終わる運動会。
濃厚な運動会になったような気がしています。

毎年、思っていることですが、保育にとって、運動会までの日々が大切と考えています。
今年は、プログラムが少なくなったことで、より豊かな時間が流れたと感じます。

写真に写っている一番左の得点板は、年少組の作品から作ったもの。
白い箱に絵と文字が書かれているのは年長組の作品。
その上の横断幕に使ったデザインは年中組の作品。
年長組のダンスの歌舞伎のお面づくりも、時間をかけて丁寧に作っていました。
下のドキュメンテーションをご覧ください。

保護者の皆様には入場の制限など、
いろいろな面でご協力いただきました。ありがとうございました。

年長組 運動会ドキュメンテーション

遊びの中の学び

再現・見立て・表現・みんなで検証

年中組のある日。ボウリングについて図に書いて説明してくれました。

ピンがならんでいるところ

ボウリングをするためにピンの代わりになるものを探しまた。
ペットボトル、牛乳パック、カプラ、ガムテープ…まだ足りないので紙袋も!

ボウリングのレーンが出来上がり。
投球!
倒れたら自分で元等戻します

ペットボトルの蓋が戻ってくる転がし方を発見。

こうやって

何人か集まってきて、それを検証。

判断 より主体的に

年少組の保育室。
触ってみる、並べてみる、形作ってみる環境。
今まであった活動の導入のためのガイドになるものを無くしました。
自分で判断して、作品が作られるようになりました。
今までも「主体的」な活動でしたが「主体的」の質がより深くなったと思います。

年少組の協力・役割分担

年少組がソフトブロックを積み上げました。先生は関わっていません。
どうやって高く積んだと思いますか?

ひとりが数段積んだソフトブロックに乗り、他の子がその子にプロックを手渡して積み上げました。協力・役割分担は人間性の力です。

幼児期の育む資質・能力の3つの柱。
・知識及び技能の基礎。
・思考力、判断力、表現力等の基礎。
・学びに向かう力、人間性等。

これらが絡み合って、気づいて、考えて、友達と共有して、いずれ探究・深い学びで必要となる力を探索的な活動の中で体験していきます。遊びは学びです。