冬休み メンテナンスと研修

冬休みはあちこち、修理しました。


本日は、先進的な取り組みをしている園のDVDを観ました。
広い部屋で、間隔とって換気しながら鑑賞。
画面のアチコチから学びました。

「冬の日」ポエトリーリーディング版

冬の日の子どもをテーマにした動画です。
幼稚園の環境紹介の動画にもなっています。

「冬の日」について

この曲は行事「ごっこランド2016」「ごっこランド2019」にて、園児の日常を映すプログラムのBGMとして本園で制作した楽曲「冬の日」のポエトリーリーディング版です。

欅坂46の「世界には愛しかない」をヒントに、「ごっこランド2020」の劇遊びの劇中歌として制作しました。劇遊びの中で使ったものを再構成しています。

作詞作曲は園長(宇梶)。ひらがなの詩は、年長組の子どもたちに口頭詩を作ってもらいました。まどみちおさんの詩を聞かせて、こういうものを作ってみようという活動。少し難しい活動になってしまいましたが(反省)、グループこどに遊びの様子、思ったこと、嬉しかったことなどを言葉にして、それを保育者がまとめました。

歌詞の中の積み木の箇所は「3歳児積み木の崩れ場面の検討 : 宮田まり子先生(白梅学園大学)」の論文から学んだことをもとに、大人の思い込みと、子どもの思っていることは違うこともあるのだということを、極端に表現しました。(この論文、とても勉強になりました)

写真は建物や環境を中心にして、子どもは気配を感じる程度にしました。夜だったり、曇り空をたくさん使っていますが、それでも「楽しさ」「暖かさ」が感じられたらという意図で作ってみました。

※写真中、園舎の時計は止まっています。

2021.1.1修正版再アップ

ケイドロ・缶蹴りの深まり・働き方改善と質の向上

年長組のケイドロや缶蹴りなど、
ルールのある集団遊びをしている姿が一段と頼もしくなってきました。
確かなルールを子どもたちで共有して、遊びを楽しんでいる姿があります。

年中組は友達との会話のやりとりが多くなってきました。
降園時に友達にさよならの挨拶と「明日も遊ぼうね」の言葉が、
あちこちで聞かれ始めました。友達との関係がより深まるように友達との製作途中の作品を残しておけるよう保育室環境を変更しました。

奥のアトリエ空間が充実し、手前に空間ができました。(夕方撮影)

働き方改善と質の向上

働く環境改善のため、新しい仕組みを初めて1ヶ月が過ぎました。

降園時間を保護者の方に協力いただきました。
園務の当番のあり方を徹底的に見直し、

5分、10分の時間を作り出しました。そして、
放課後の教材研究の時間、保育者の休憩時間を作り出せました。
職員の日常の残業はほとんどなくなりました。

2年前には「できるわけがない」と思っていたことですが、
やればできるものなんだなと改めて思っています。

一番大切な、保育について、日常の保育は当然ですが
大小、新しい取り組みも生み出せています。保育の質の向上に今後も取り組んでいきます。

保護者の皆さんに、ご協力いただいていること
本当に感謝しております。ありがとうございます。

入園説明会

本日、入園説明会でした。当初、zoomを使って行う予定でしたが、お母さん方などは接続できる環境がないと言う声を聞きました。より多くの方に安定して届けるためには、YouTubeでも良いと思い、急遽、限定配信に変更させていただきました。申し訳ありません。

実際に来ていただく説明会は1時間30分いただいていますが、今回の動画1時間10分。
動画でこの時間は長すぎたかと反省しております。
短くした一般公開版の「説明会動画」を作りたいと考えています。

「どうして遊びの中で気づいたり、感じたり、考えたりすることが、
確かな知識や深い学びにつながるのか?」

今まで読んできた脳科学の知識を使うと説明できるなと、最近考えていました。
今回の入園説明会には、間に合わなかったので入れませんでしたが、
先生たち3人に説明してみると、「わかる」「納得できる」と言ってくれました。

脳科学の知識を使って説明して、納得してもらえたのは、初めてです。
この動画、ごっこランドの準備が始まる前に作りたいと思っています。

F先生が魔女のように煮込んでいる怪しい液体。