劇作り 上達の自覚(メタ認知)

劇作り 上達の自覚

年長組、ごっこランドに向けた劇作りの活動。
本日の練習の振り返りで、「この前より上手になってた」という感想が子供達から出たようです。練習が終わった直後、私も年長組の子どもから直接この言葉を聞きました。

過去より現在のほうが上手くなっていることを自覚しています。
幼児期は自覚してない学び。小学校は自覚した学び。
メタ認知の力です。これが未来に向かえば「学びに向かう力」です。

行事の劇作りは、その過程で起きることが大切だと思います。
ごっこランドのプロジェクト真っ最中です。

背景の絵、良いのができました。

完成!

以下〜年長組~今日の幼稚園より〜

今日は劇の練習をする。

この前やった後に「もっとこうしたらいいよね」と
みんなで話し合ったことを確認して始める。

それぞれがそのことを意識しなが、
もし忘れてしまっても教え合いながら進めていて
すごいいい雰囲気だった。

そして最後の振り返りで「この前より上手になってた」と話していて、
みんなも「そうだね」と感じていたようだった‼︎

その時々のネコの表情なども演技しているので(本番は)楽しみにしていてくださいね‼︎

そして、この前の描いた背景も黒の縁取りをして完成‼どんどん使うモノが出来上がってきて練習も楽しくなってきそうだね。

劇の背景製作

ブルーシートは離れて絵を見る場所

劇の背景製作 年長組

新しくできた空間を使って、年長組は劇の背景作りをしました。
「自分たちが作っている劇」という想いが一層強まることを願って行った活動です。

以下、年長組~今日の幼稚園より

ごっこランドの劇で使う背景を2つ描く。大きな紙に描いていくので大きさも考えながら描いていく。2グループに分かれて描いていき、どっちのグループも「わたし山描くね」「ぼく、ここぬっていくね」などと役割分担をして描いている姿がいいなと思った‼︎出来上がってくると遠目から自分たちの絵を見てみる。「わ~、すごい‼︎」「あっ、あそこまだ塗れてない」と足りないところを付け足したりしていた♪できあがった作品を見て満足そうな子ども達でした。

メニューボードにお手本が貼ってあります。
1日目終了

台本持って確認

このところ、ごっこランドの準備をしています。
本日は小道具作りと、台本を持って確認。

ごっこランド準備期間は毎年
笑いが止まらない出来事がよく起きます。
たぶん面白いことを真剣にやっているからだと思います。
みんなで楽しくやってます。

遊び、いろいろ。秋と冬の間。

集会でのごっこ遊び。終わったあと、「またやりたい!」という声が聞かれます。

手裏剣をよけているところ

集会の後、年長組は残ってバルーン。今日のテーマは始める前に友達を確認。

バルーン

園庭では年少組の料理。

手つきが良い

年中組は缶蹴り!

「いち、に、さん、しー、ご」

年長組の泥だんご。これはもともとハンバーグだったもの。

毎日、磨いてます。

年長組のあやとり。

スーパーあやとり仙人

中庭では年中組、鬼ごっこからごっこ遊びに。

虫になっています。みぃ〜ん、みぃーん。

お絵描きする姿はあちこちで見られました。

園庭のイーゼルで
中庭、午前中
中庭、お弁当の後
落ち葉のアート

いよいよ来週から12月!

コメとiPad

降園待ちの時間。
年長組保育室ではごっこランド劇のBGMをiPadで作成している姿が見られました。

「楽しい感じ」等、場面に似合う曲作り。

そのあと、テラスに出ると育てた稲から米を探している姿が見られました。

あった!

「降園待ちの時間」にしては感性に働きかける豊かな時間が流れているなと、感じたひとときでした。

ごっこランドに向けて準備

年長組の活動は劇の小道具製作。看板をグループごとに話し合って製作していました。
「他者と協同して課題を解決(非認知能力の1つ)」の場です。

鬼、誰がする?

園庭、遊びの時間、年中組は缶蹴りが盛んです。これも「他者と協同して課題を解決(非認知能力の1つ)」につながる遊びです。

タッチ!

年長は白熱のケイドロ! みんなとの遊び!
これも「他者と協同して課題を解決(非認知能力の1つ)」の底力になる遊びです。