「たなばたバス」上映会

年長組が制作した映画「たなばたバス」の上映会。

2チームに分かれて、年中組と年少組を案内する。お遊戯室に来るのを出迎えて「こちらにどうぞ」と声をかけていた。映画を見ているときも真剣に見入っていたのが印象的。年中組や年少組が「面白かった」「もう1回見たかった」と言ってくれた事が年長組にとって嬉しかった様子。

製作メモ
動く登場人物は主にiPadで描く。背景は絵の具。小道具類は色画用紙、カラービニール、テープなどで製作。グリーンバックで演じているシーンを撮影し、子どもたちが描いた背景と合成。夜空…少し前に幼稚園で流行った技法を子どもたちが使って星々を描く。

効果音は子どもたちが幼稚園の中で合う音を探して音を出し、
iPadのアフレコ機能を使って録音した。

iPadを使った幼児教育の可能性

「ウヒアハが落ちるところ(の音)」「良いんじゃない!」

連日iPadの話になりますが、いま手応えを感じています。

園庭で水を使って遊べるというだけで、それを「泥んこ保育やってます」と言いたくない、という気持ちと同じように、
iPadを使っているから「ICT教育やってます」と言いたくない気持ちがあります。

特別なことでなく、日常の中に、創作活動の道具として使えたらと思い、導入しました。

手探りで実践してきましたが、こうやって使えばいいというものが見えてきました。
保育として特別なことでなく、普通の良い保育が必要で、
その上にiPadがあると、面白い普通の保育ができるのです。

今日のある場面。

iPadを使って男の子が劇に使う音を作りました。
「ウヒアハの落ちるところ(に合う音)」と言って
クラスの女の子に聞かせると
「良いんじゃない! すごい!」と答えました。

友達の創造性を驚きを持って認める会話を生み出しました。
普段の生活でも起きることですが、iPadの分かりやすさ、見やすさで
このような場面があちこちで見られるようです。
仲間の中での自分存在を感じたり、友達のすごいところを伝えたり、
提案したり、話し合ったりする日常の保育です。

可能性を感じます。
「手応えを感じている」を確かなものにしていきたいと考えています。

コメとiPad

降園待ちの時間。
年長組保育室ではごっこランド劇のBGMをiPadで作成している姿が見られました。

「楽しい感じ」等、場面に似合う曲作り。

そのあと、テラスに出ると育てた稲から米を探している姿が見られました。

あった!

「降園待ちの時間」にしては感性に働きかける豊かな時間が流れているなと、感じたひとときでした。

ごっこランドに向けて準備

年長組の活動は劇の小道具製作。看板をグループごとに話し合って製作していました。
「他者と協同して課題を解決(非認知能力の1つ)」の場です。

鬼、誰がする?

園庭、遊びの時間、年中組は缶蹴りが盛んです。これも「他者と協同して課題を解決(非認知能力の1つ)」につながる遊びです。

タッチ!

年長は白熱のケイドロ! みんなとの遊び!
これも「他者と協同して課題を解決(非認知能力の1つ)」の底力になる遊びです。

中庭グランドオープン!

イーゼルのお絵描きは今日も賑わっていました。
プテラノドンの絵も着々と完成に向かっています。

本日、中庭グランドオープン!いままでウッドデッキだけでしたが
初めて庭も解禁となりました。

手前、畑作り途中です。 巨大な水お絵描き。
得意な巨大絵画
創作エネルギーは地面まで広がりました。

あちこちでお絵描きが始まり、お絵描きしかできないのですが、
その後、たくさん集まり、ごっこ遊び、鬼ごっこ、相撲ごっこと
豊かな遊びが展開されました。

いままであまり見たことがない仲間たちと、初めてする遊びでした。
新しい場所は新しい遊びを生み出すようです。

年長組、劇の準備。

年長組は劇の小道具(花)作り。
そして劇で使うBGMをiPadで試しに作ってみました。

BGM作り

運動会を楽しみに待つ気持ちの中で

出入り口、安全をご確認ください。

入園説明会の準備のため動画を整理していたら
年長組の運動会競技の話し合いの場面を見つけました。
保護者の皆さんや、たくさんの方に知って欲しく思い、記事にまとめました。


子どもたちは運動会をとても楽しみにしていました。
それは子どもたちがとても主体的に、
そして仲間たちと対話的な時間を過ごすことで生まれた気持ちと思います。

ダンス
年長組は自分たちのダンスに誇りのようなものを持っていました。
いかにカッコよくするか、仲間と話し合ってきました。

腰を落とすとかっこよく見えるということをみんなで共有し、練習に望んでいました。

本番のように

競技の「箱積み」
通常、子どもたちは箱を上に上にと乗せていきます。届かなくなると下から投げて乗せます。およそ8個の高さが限界になります。

真ん中を持ち上げて、間に箱を入れたり、重ねた箱を一気に載せると、さらに高く積むことができますが、この作戦は、伝える人、受け止める人、双方が上手く噛み合わないとなかなか機能しません。

今年、「箱積み」の自主練習の時にひとりの子どもがこの方法に気がつき、それを仲間に伝えることができました。そして、その画期的な方法はクラスに広まりました。

「箱積み」の練習では「5・5」「6・4」「7・3」と箱の積み方の作戦に名前をつけて、話し合います。情報を自分たちなりに扱っている姿です。その他、様々なちからが見られます。

「箱積み」の作戦の話し合い

先日書きました「これからの社会を生きる子どもたちは、自ら課題を発見し解決する力、コミュニケーション能力、物事を多様な観点から考察する力、様々な情報を取捨選択できる力などが求められると考えられます」この姿があります。

箱積み競技 練習

コミュニケーション能力は1学期からの様々な保育活動の積み重ねによるものと思います。そして園長としては、新しい環境の対話を促す保育室の大テーブル。子どもたちが集まって、いろいろと対話をしてきたことも関係していたら良いなと思っています。

大テーブルのひととき

入場門の製作

国立大附属幼稚園で行っていた実践を参考にして、独自にiPadを使って今までやったことのない方法を使って制作しました。それは子どもたちにとっても、私たち大人にとっても新鮮なものになりました。

運動会前のあまり時間が取れない時ですが、面白い作品ができました。運動会への思い表す絵とその思いを表す文字1字でデザインしました。これを会場に飾ることを子どもたちも楽しみにしていたようです。

入場門

他にも挑戦、他の競技など、お家の方たちが楽しみにしている雰囲気によって楽しい運動会を迎えられたのだと思います。

入園説明会では、何をどのように育んでいくのか。多くの実践を紹介しながらお話したいと思います。ご検討の方、是非お越しください。