ケイドロ・缶蹴りの深まり・働き方改善と質の向上

年長組のケイドロや缶蹴りなど、
ルールのある集団遊びをしている姿が一段と頼もしくなってきました。
確かなルールを子どもたちで共有して、遊びを楽しんでいる姿があります。

年中組は友達との会話のやりとりが多くなってきました。
降園時に友達にさよならの挨拶と「明日も遊ぼうね」の言葉が、
あちこちで聞かれ始めました。友達との関係がより深まるように友達との製作途中の作品を残しておけるよう保育室環境を変更しました。

奥のアトリエ空間が充実し、手前に空間ができました。(夕方撮影)

働き方改善と質の向上

働く環境改善のため、新しい仕組みを初めて1ヶ月が過ぎました。

降園時間を保護者の方に協力いただきました。
園務の当番のあり方を徹底的に見直し、

5分、10分の時間を作り出しました。そして、
放課後の教材研究の時間、保育者の休憩時間を作り出せました。
職員の日常の残業はほとんどなくなりました。

2年前には「できるわけがない」と思っていたことですが、
やればできるものなんだなと改めて思っています。

一番大切な、保育について、日常の保育は当然ですが
大小、新しい取り組みも生み出せています。保育の質の向上に今後も取り組んでいきます。

保護者の皆さんに、ご協力いただいていること
本当に感謝しております。ありがとうございます。

活動がすぐはじまる環境

幼児教育は環境を通して行います。
「環境を通した教育」がどういうものなのか、少しでもお伝えできればと思い作った動画です。 年少組、新年度と当初の保育室環境から洋服作りに発展していった様子を紹介しています。