対話する力  年長組

年長組たちがいつも使っている虫取り網。
今日はまだ園庭に年長組が出てきていないので、
年少組たちが使っています。トンボ、なかなかつかまりません!

山の上で。「トンボ」取り。

年長組は、お遊戯室で運動会競技の箱積み。
もう何年もしていますが、数年前から新しい技が生まれ、昨年それが確立して、
それが今年の子どもたちに受け継がれていて、驚きました。
箱の途中を持ち上げて、間に箱を入れていく方法。

担任が教えたわけではありません。ひとりがその方法に気がついて伝えると、
受け止めた方が理解して、それに応えて、やり方が広がっていったようです。

子どもたちはもともと人の話を聞くのが苦手です。しかしながらこの技、受け止める方もしかっり話を聞かないと、上手く協力が成り立たないのです。それが成り立つのです。
話し合って、作戦立てて、協力して。本日、ふらっとお遊戯室見に行ったのですが、年長組の育ちにビックリしてしまいました。

放課後、担任に話を聞くと、私と同じように子どもたちの対話の力を感じ、嬉しかったようでした。「この対話の力を育んだものは何か?」と雑談。いろんなことが関係してるのはいうまでもありませんが、ここ数年の取り組みから考えてみました。

まずここ数年間のアクティブ・ラーニングの取り組み。
保育室環境を大きく変えたこと。
いつでも対話が生まれる大テーブルとその周りの環境(これは大きく影響している気がする)。
6人用の軽い机の存在。
そして、ドキュメンテーション、ニュースレター。

話を聞くのが苦手な子どもたちですが、人から何か教えてもらうのも得意でないそうです。しかし、このニュースレター見ながら、友達のことに気がついて、やり方を教えてもらっている姿がよくみられるそうです。

近年の教育で重要な「主体的・対話的で深い学び」。この「深い学び」を生み出す過程で「仲間との対話的な活動」が重要になってきます。
この対話的な活動を促すものの一つに、「ケイドロ」「缶蹴り」など、ルールのある集団遊びもあると強く感じています。

運動会に向けて、どんな子どもたちがみられるのか、楽しみです。


保育室の環境(年少組 )  夏の幼稚園新聞より

年少組担任 N.U

 夏休みの間にこれからの保育を考えた時、職員間で『物との関わり方』ということや心の動きからくる行動、言葉を増やしていく環境を意識するという話し合いをしました。

今年初めてひよこ組・たまご組の子どもたちと過ごしていく中で、今の保育室がこのままでいいのかな?と自分の中で思うところがあったのですが、正直それが何なのかがよくわかっていませんでした。しかし、『言葉』と『行動』という話を聞いた時に、自分の中での違和感はこういうことなのかもしれない思うことができました。私自身、去年今年と保育室の環境を考えている中で、製作が没頭してできる環境をメインにし、言葉や行動ということはほとんど意識していなかったなと感じます。

年中組になると、製作の幅や遊びのイメージも広がりやすくなり製作メインの環境でも試行錯誤が生まれたり何度もやってみようとする姿が見えていました。ですが年少組では、技術的にも製作系で没頭する遊びを見つけるのはなかなかに困難だなと感じました。この話し合いを機に、いろんな素材や材料だけではなく、こま遊びやカプラ、ソフトブロックなども子どもたちの前に積極的に出してみることにしました。

例えばOHPやライトテーブルでの遊び。色水も作り置いていると、OHPではペットボトルの影だけしか見えません。「なんでこれは色ついてるのに見えない?」と保育者に聞き、今度はライトテーブルに乗せました。「ここに乗せたらあっちよりも綺麗に見える!」と話した子どもたち。理由はいまひとつ分かりませんが定期的に乗せて試している姿があります。

他にもカプラ遊びでの出来事。保育者が「長く繋げよう」と声をかけると、最初は「お花ができた!」など自分の好きな物を作ったり、いろんな方向に繋げ出す子どもたち。自分のことだけに集中していましたが、だんだん長くなってくると「こっちにも繋げてよ」と声をかけたり、別のところでトンネルを作っている友達を見ると「この道がトンネル通ってもいい?」と確認したりして、どんどん自分たちで繋げていき、最終的には大きな街のような物が出来上がりました。

今の子どもたちの様子を見ていると、友達との関わりが増えていくことで、真似をしたい、やってみたいという気持ちに繋がり、遊びの幅も広がっていっているように思います。また、知りたい!という気持ちよりも「なんでかな?」という不思議さを楽しみ、繰り返し遊んでいる姿があります。2学期は子どもたちの興味や関心をもとに、ひよこ組・たまご組なりの探究できる遊びを一緒に見つけていきたいなと思います!

掲示物・ドキュメンテーションについて

数年前より、保育内容について保育者の意図を知っていただくため、
大きめのポスターを作って、園舎の窓に貼って、
お迎えの保護者のみなさんに見ていただいていました。


写真と文章で詳しく説明できるのですが、
この大きなポスターサイズのドキュメンテーションの弱点は
速報性に欠けることでした。

先生たちが速報性に長けた日々の保育のニュースレターを作るようになりました。
当初、保護者の方にも見ていただいていましたが、
子どもたちにとって自分たちの活動を振り返ることは、
保育としてとても良いので、今、保育室に貼られるようになりました。

デジタルサイネージ登場

園舎の窓ガラスにテレビを置いて、日々の写真をスライドショーで流すようにしました。
たくさんの写真を映し出せるのですが、
写真の解説がないとどう言う場面か、わかりづらい面がありました。

ニュースレターも保護者の方に見ていただきた。
テレビの写真に解説が欲しい。

そこで!
ニュースレターをテレビに映し出すことを試みたら成功!!

園舎の窓ガラスてテレビでニュースレターを映し出しています。
10秒ごとに変わっていきますので、幼稚園にきた時はぜひ見てください!

ポスターサイズのドキュメンテーションも回数は減りますが
これからも掲示していきます。

2019.10のドキュメンテーション

遊びの中の学び

再現・見立て・表現・みんなで検証

年中組のある日。ボウリングについて図に書いて説明してくれました。

ピンがならんでいるところ

ボウリングをするためにピンの代わりになるものを探しまた。
ペットボトル、牛乳パック、カプラ、ガムテープ…まだ足りないので紙袋も!

ボウリングのレーンが出来上がり。
投球!
倒れたら自分で元等戻します

ペットボトルの蓋が戻ってくる転がし方を発見。

こうやって

何人か集まってきて、それを検証。

判断 より主体的に

年少組の保育室。
触ってみる、並べてみる、形作ってみる環境。
今まであった活動の導入のためのガイドになるものを無くしました。
自分で判断して、作品が作られるようになりました。
今までも「主体的」な活動でしたが「主体的」の質がより深くなったと思います。

年少組の協力・役割分担

年少組がソフトブロックを積み上げました。先生は関わっていません。
どうやって高く積んだと思いますか?

ひとりが数段積んだソフトブロックに乗り、他の子がその子にプロックを手渡して積み上げました。協力・役割分担は人間性の力です。

幼児期の育む資質・能力の3つの柱。
・知識及び技能の基礎。
・思考力、判断力、表現力等の基礎。
・学びに向かう力、人間性等。

これらが絡み合って、気づいて、考えて、友達と共有して、いずれ探究・深い学びで必要となる力を探索的な活動の中で体験していきます。遊びは学びです。

「保育実践発表会」の振り返り

先日7/18(土)に行った「リモート保育実践発表会」の振り返りとアンケート結果のページを作りました。

「リモート保育実践発表会」を開催して

アンケート結果

今回の保育実践発表会はとても幸運なことに、保育界の著名な先生がご自身のFacebookで広報してくださいました。

ご迷惑をおかけしたくないのでお名前は伏せさせていただきますが、その幸運な出来事によって、保育の研究に携わる方、知識・意識の深い方々、(その先生とFacebookで繋がっているということは、そういう方々と想像します)がたくさん参加してくださることになりました。おかげでピリッとした気持ちで準備ができました。

もうひとつの幸運。中坪先生(広島大学)に講評をお願いすることができました。
実際にお会いしたことはありませんでしたが、著書を読んだとき
「この先生、すごい…」と思い講評をお願いすることにしました。

私にとっては、園内研修等のあり方を高めた先生と思っていますが、
実際には、他にも広い視野で深いことに取り組んでいらっしゃる先生だと思います。
会の都合、短時間で申し訳なかったですが、濃密な講評をしていただきました。

【なぜ雛人形協同製作活動は「主体的・対話的で深い学び」を生み出したのか?】
という中坪先生の講評タイトルが私たちの園の励みになりました。

保育の質の向上に欠かせない保育研修会です。リモート保育研修、今後様々な形で行われると思います。実践発表は発表する者にとってもたくさんの学びがありました。保育実践もリモート研修も、少しでも今後の参考にしていただけたら嬉しいです。