ひよこ組(年少組)デザイナーズ

「これ貼ったら大きくなるよね?」

ひよこ組では、みんながデザイナーになって洋服を作ることを楽しんでいます。いろんな色のビニールを貼り合わせ、大きな洋服を作るやり方が主流です。きっかけとなったのは、新聞ドレスを作っていたある子でした。毎日朝登園するとドレスを作っていましたが、一度脱ぐと破れてしまうことが問題でした。そこで、ビニールでも作れることを知ってほしいと思い、少し大きめのカラービニールを素材置き場に置いておくことにしました。カラービニールでの洋服は、いろんな子どもたちの目も引き「大きなビニールちょうだい!」とたくさん言いに来た子どもたち。「もうこれだけしかないの」と伝え、大きなビニールは出しませんでした。すると、「これ貼ったら大きくなるよね?」と張り合わせ出した子が出てきました。パッチワークのようなデザインで、「それいいね!!」と共感した子どもたちがそれぞれ作り出したことが、今回の遊びに繋がってきたように思います。

友達の作品が見えるように

遊びが進んでいくごとに、保育室の環境も少しずつ変えていきました。その時には 子どもたちが友達の様子に興味を持ちやすいような場所であること、新たにやる気が湧いてくるような場所にすること の2つを共通の意識にしました。今までの遊びの様子から、子どもたちは友達の姿から刺激を受けているように感じたので、出来上がった作品は着ているところを写真に撮ってみんなが見えるところに掲示しました。

「これめっちゃすごい!」

と褒めてくれたり、それを自分の洋服にも取り入れようとする姿も出ていて、新たな刺激に繋がっていたように感じます。

保育室の一角を思いっきり変えてファッションコーナーにしたのも、子どもたちがワクワクする環境になり、やる気に繋がったように思います!作りたい気持ちはあるけれど、何から始めたらいいのか分からない子どもたちもいました。そこで、デザイン画という存在を知り、それぞれデザインを描くことにしました。自分の着たい洋服を描いてもらうと、そのイメージに合わせて土台となるビニールの色を選んだり、「こういう飾りが付けたい」など自分の思いを保育者に伝えてくれるようになりました。伝えることがうまくできたことで、一緒に作り方を考えることもできるようになりました。

アイデアが出てくる視点〜マネキン

「先生もかわいい洋服作ろうかな」と子どもたちに伝え、一緒に作り始めることにしました。すると続々と近くにやってきて、「手伝ってあげる!ちょっと巻いてみて!」と積極的に手伝ってくれた子どもたち。人に作ってあげる楽しさや、いろんな角度から洋服を見れるので作りやすさを感じているようでした。着ている姿を見て作れるということで、子どもたちの飾り付けも一段とこだわって作っている様子でした。自分たちの作ったドレスはとても満足のいくものになり、「こんなポーズが似合うんじゃない?写真で撮ったらもっと可愛く見える!」と話す姿もありました。この姿もあったので、マネキンを作って自分たちの洋服も見やすくなるようにしました。

今回の遊びは、保育者が作る環境が中心での遊びではなく、子どもたちの気付きをもとに一緒に環境を作っていくという感覚でした。『子どもたちと保育者が一緒になって作っていく環境』の大切さを改めて感じる機会になりました♪

年少組デザイナーズ

このところ、カラービニールを使っての洋服作りが流行っています。
多彩なデザインが見られます。

パッチワーク風
リボンを加えて

以上、全部違うデザイナーの作品です。
そして本日、貝、プチプチ、色紙、色画用紙、マジック
新しい素材を加えて新しいデザインが生まれました。

真剣に製作中

このような作品が生まれる背景には、友達の影響、願い、創造性、いろいろなことが関係しているのだと思いますが、1学期から作られていた保育室の環境も関係していると思われます。

「空間コーディネート」の写真、明かりを七夕飾りに向けてカラフルにしたのは年少組の子どもたちです。

「保育実践発表会」の振り返り

先日7/18(土)に行った「リモート保育実践発表会」の振り返りとアンケート結果のページを作りました。

「リモート保育実践発表会」を開催して

アンケート結果

今回の保育実践発表会はとても幸運なことに、保育界の著名な先生がご自身のFacebookで広報してくださいました。

ご迷惑をおかけしたくないのでお名前は伏せさせていただきますが、その幸運な出来事によって、保育の研究に携わる方、知識・意識の深い方々、(その先生とFacebookで繋がっているということは、そういう方々と想像します)がたくさん参加してくださることになりました。おかげでピリッとした気持ちで準備ができました。

もうひとつの幸運。中坪先生(広島大学)に講評をお願いすることができました。
実際にお会いしたことはありませんでしたが、著書を読んだとき
「この先生、すごい…」と思い講評をお願いすることにしました。

私にとっては、園内研修等のあり方を高めた先生と思っていますが、
実際には、他にも広い視野で深いことに取り組んでいらっしゃる先生だと思います。
会の都合、短時間で申し訳なかったですが、濃密な講評をしていただきました。

【なぜ雛人形協同製作活動は「主体的・対話的で深い学び」を生み出したのか?】
という中坪先生の講評タイトルが私たちの園の励みになりました。

保育の質の向上に欠かせない保育研修会です。リモート保育研修、今後様々な形で行われると思います。実践発表は発表する者にとってもたくさんの学びがありました。保育実践もリモート研修も、少しでも今後の参考にしていただけたら嬉しいです。

「水族館プロジェクト 」年中組 〜オープンの日

ずっと準備してきた年中組の水族館。昼食後に年長組と年少組を招いてオープンしました。

受付を過ぎて、床に貼られた順路に従って行くと、トンネルの水槽です。

トンネルを抜けると餌やりのコーナー。墨をはくタコもいます。

壁にはこの活動のきっかけとなった「スイミー」が貼られています。「赤い魚コーナー」

「水族館プロジェクト」について
この「水族館作り」の活動は、子どもの今の姿から保育を考えてたどり着いた活動です。

年度当初、たくさんの素材を用意した環境で新学期がスタートしました。
子ども達は思い思いに作品を作りました。
「友達と一緒に何か作ることはまだ難しいが、製作過程でやりとりが生まれて欲しい」と保育者は願いました。
どんな体験が子どもたちの育ちに必要なものになるのか、そこから保育を考え、「はさみ名人」等や「カプラの長さと高さ」の緩やかな共同製作活動、「スイミー」の活動なりました。

この「スイミー」の活動が思わぬ方向に動き始めました。
まず、「しまった!方向をそろえなかった!」と思う担任をよそに、子どもたちはいろいろな生き物を、せっせと貼り始めました。これは方向を決めなかった自由さと、「しすぐの冒険の場面づくり」や「はさみ・ノリ」の活動の余韻からか生まれた表現と思います。場面は足りなくなって、下に広げました。窓にも広がりました。集まってきた海の中の生き物たちで、水族館づくりが始まりました。

ちんあなごは、子ども達にとって魅力的な生き物のようでした。

ちんあなごコーナーに置かれたいくつものステージ。

当初、懐中電灯の照明付きでしたが、なくても青くなることを発見。右のように改良されました。これを見ていた子が「自分も!」と作り始め、ちんあなごが砂のなかを出たり入ったりすることを再現するためステージ型を製作しました。このステージ型がまた友達に広まっていきます。当初の保育者の願い「友達と製作過程でやりとり」が直接ではありませんが、影響という形で生まれてきました。

友達のように作りたいという思いは、粘り強さを生み出しました。

広告紙で棒作り。上手くいくまで長い時間、作っていました。

順路に従って行くと、触れる水槽のコーナーがあります。

そしてイルカショーのコーナー

みんなに見守られてイルカたちのショーは大賑わいです。担任の目には涙が滲んでいます。感慨深くなった嬉しい涙かなと、私は呑気に眺めていましたが、全然違いました!
役割を楽しみにしていた子がその役割をやり損なったと聞いて、自分も悲しくなってしまったそうです。その後、解決したそうです。ハプニングに気がついた年長組がやさしかったです。

年長組が終わると、今度は年少組がやってきました。やさしく案内する年中組達でした。

今回の活動は一直線に水族館にたどり着いたわけではありません。子ども達の姿から「あっちにいこう」「こっちにいこう」と保育者が頭の中でハンドルを切ったり、ここに足場があったら、子ども達はここまでいける、この材料があったら思いが実現できると、その時の子どもの姿から考えた保育です。クラスみんなでの体験になった活動でした。