鏡とiPadのカメラ

昨日、年長組は「鏡とiPadのカメラ」を使って遊びました。

内容は、まず鏡の置く場所を決めます。そしてカメラのアングルを決めて、
子どもから目線、写真を撮りました。

見え方の面白さ、不思議さ、操る面白さ、を楽しむ面白い活動になりました。

そして、本日。

昨日はクラスの活動でしたが今日は、遊びの時間に子どもたちがiPadを持ち出してきました。

面白い場所を探していきいきと動く子ども達でした。

今まで見たことのないアングル、意識したことのない場所を探しているように感じました。

言葉にする「感性を育む」になると思います。

そしてさらに写真に絵を描く方法を教えてみました。

面白い作品ができました。

本来ならば描けない場所に描ける自由。

物の見え方、感じて描く。

このデバイスの保育への使い方の可能性を感じました。

登る人

運動会と文字と友達の思い

活動を深めるiPad 年長組の実践

今日、運動会のプログラムをテラスに貼り出しました。
運動会当日、子どもたちはプログラムを持っていないので、次、どの番組かわかりません。
子どもたちにわかるようにクラスカラーを入れて、友達と拾い読みなどして、
前もってプログラム順を知っておいてもらうためにしています。

文字をワーク類で教えませんが、子どもたちにとって意味ある文字で

親しむことを目的として意識的に作った環境です。

入場門と文字と友達の思い  活動を深めるiPad

入場門は年長組が「運動会で頑張ろうと思っていること」をiPadで描き、
プリントして貼って作っています。

iPadで絵を描くことは子どもたちの好きな活動のようです。
iPadは今、交代で使っているので空いている時に
自分から「描いていい?」と聞いて描き出します。

描いているときは、描いては消して、描いては消してと、
自分の思い通りになるように何度も描き直す姿が見られます。
その意欲が出来上がるまで続きます。
納得するまで描いて、「できた!」と保育者に見せにきてくれます。
完成した時、強い満足感を味わっているようです。

プリントしたものを段ボールに貼って「頑張ろうと思っていること」の一文字を
カルタのように書き込みます。文字のわからない子には、保育者が教えます。
この活動も文字に親しむことを目的として行っています。

そして、この活動は「運動会に対して友達は何を思っているのか」を知る環境になっています。

絵と文字を見ながら推理し、「たけうまだ!」と文字がわかる喜びと、
友達の思いに気づく喜びを一緒に味わいます。

以心伝心 年長組

年長組ドキュメンテーション

子どもの育ちが見えた箱つみ‼︎ (園だより「風の顔通信9月号」)   年長組担任 M

 2学期が始まり、運動会の取り組みも始まりました♪さくら組の子ども達も運動会でやる種目をとても楽しそうに積極的に取り組んでいる姿が見られいい感じに進んでいます♪

 そして先日、赤白のチームに分かれて初めて箱つみをやってみました。始めは、積めるところまで積むと箱を投げてみたり、頑張って背伸びをして乗せようと頑張っていましたが、なかなか10個の壁は高かったようです。しかし、これまでのさくら組のやっていた事を覚えている子もいて「こうしたらいいんじゃない」と箱の途中を持ち上げ、空いている隙間に「箱を入れて‼︎」と伝えていました。そこからその方法が伝わり、すぐに10個積めるようになったのです‼︎ということで、今回は11個がちょうどいい感じになりそうなので11個で対戦することにしました。

 その対戦している子ども達の様子を見ていると、すごいなという姿がたくさん見られました。1回戦をした後に、作戦を考える時間を作りました。まずその話し合いの姿に団結感を感じました。みんなで勝てるようにという同じ目的を持っていろんな意見を出し合っていたからです。

そして実際に箱を積んでいる場面では、箱を持ち上げる子、その隙間に箱を入れる子、周りから見て「斜めになってる」などと教えてくれる子と役割ができてきますが、それぞれに相手を思いやっているなという動作が見られたり、言葉が聞こえてきます。箱を持ち上げることに一生懸命になるとだんだんと傾いてきて倒れそうになることがあります。するとスッと周りの友達が箱に手を当て支えてくれます。またチームのみんなと頑張りたいという思いから、見ているだけになっている友達に箱を持ってきて渡してくれたり仲間意識も感じました。

 このように競走する楽しさを味わいながらも、チームの仲間と協力する大切さを十分に感じている姿を見ることができ、これからの活動が楽しみだなと感じているところです♪

積み重ねる歴史・子どもたちの文化

数年前から年長組の運動会競技として箱積みをはじめました。
写真のように間を開けて箱を積んでいくやり方に子どもたちが
気づくまで何年かかかりました。

数年前にこのやり方が子どもたちの中で広まり、
それが次の年にも受け継がれるようになりました。

写真は今年の初めての練習(9/13)。誰かが思い出し、この技を軽々とやっていました。

どうなってるんだろう?子どもたち。