対話・協同的態度の育ち〜年長組でも難しい話し合い

作戦会議中「バツ」に気づいた

【対話・協同的態度の育ち~年長組でも難しい話し合い】

年長組「運動会競技 箱積み」の作戦会議の場面です。
相手チームに勝つために「積んだ箱の途中を持ち上げて、間に箱を入れていこう」
と話し合っています。

女の子たち数人を中心に話し合いが進み、
「賛成の人?」と女の子が採決を促したところ、

反対側の男の子が「えっ、なに?なに?なに?」と言いました。
進行役の女の子は作戦内容を説明し、
もう一度、「賛成の人?」と挙手による採決をとったところ、

反対側の男の子が手で「バツ」を作りました。
進行役の女の子が「ダメだってぇ~、バツ作ってるよ!」と気がつきます。

ここで先生がバツを作った男の子に、思っていた言葉を伝えるように促しました。

「声が小ちゃくて聞こえなかった」と男の子は言いました。

この話し合いは「作戦会議」なので、隣で同じように話し合いをしているチームに聞こえないように小声で話していました。

他の男の子が「近くに行って話してあげたら」と提案します。
女の子は移動して、もう一度作戦内容を説明しました。

そして採決。全員賛成の手を挙げました。
この動画、男の子の言動が目を引いたので、そこに注目して見ていましたが、
職員でもう一度、詳細にこの場面を見ると、
男の子が「バツ」を作っている場面で、他の女の子が同じように男の子を見ながら「バツ」を作っていることに気がつきました。

進行役女児が移動して説明したあとの挙手では、
一番最初に素早く納得したように手を挙げたのが、この女の子でした。

話し合いは年長組でも難しいものです。

意見を伝えることも難しいですし、意見を聴くことがさらに子どもは苦手と思います。
この時の話し合いが成り立ったのは、なぜか?

箱積みで勝ちたいというみんなの思いが
明確にあったことがひとつあげられると思います。

話し合いの形を整えた保育者の援助も、大きく関係していたように思います。
他の人が言ったこと、していることに関心が向けられていたこと。

他者の言動が受け入れられる基礎が育ちつつあること。
今までの園生活で、クラス活動での小グループでの話し合い、大テーブルの対話が生まれる環境、ケイドロや缶蹴りで起きるトラブルの話し合い、それらを積み重ねて育まれてきた力と考えます。

運動会は「運動会当日の出来栄えが目的ではない」と本園ではよく言います。
それは向かう日々の中で、このような体験をしていくことが保育として大切と
私たちは考えているからです。

作戦会議後
職員の振り返り

濃厚な運動会

運動会 開始前

10/4の日曜日、運動会。初めての午前中で終わる運動会。
濃厚な運動会になったような気がしています。

毎年、思っていることですが、保育にとって、運動会までの日々が大切と考えています。
今年は、プログラムが少なくなったことで、より豊かな時間が流れたと感じます。

写真に写っている一番左の得点板は、年少組の作品から作ったもの。
白い箱に絵と文字が書かれているのは年長組の作品。
その上の横断幕に使ったデザインは年中組の作品。
年長組のダンスの歌舞伎のお面づくりも、時間をかけて丁寧に作っていました。
下のドキュメンテーションをご覧ください。

保護者の皆様には入場の制限など、
いろいろな面でご協力いただきました。ありがとうございました。

年長組 運動会ドキュメンテーション

運動会に向けた環境構成

・プログラムの順番を知り、主体的に参加できるようにする。
・運動会に向けて、友達と会話し、運動会を楽しみにする。
・運動会に向けて、いろんな友達が思っていることに気づく。

文字の役割や親しむ環境なので主に年長組にとっての環境になります。

運動会当日、いつ自分の番なのかわかるように、
大きなプログラムを作りました。
それを見ながら運動会のことを
友達と話す環境づくりとして、
今日からテラスに設置しました。

「ここだよ、サーキット」

入場門には年長組がiPadで描いた「運動会で頑張ること」の絵。
そして、その頑張ることの「1文字目」を描きました。
絵と文字を見ながら、想像して友達の思いにも触れていきます。

「つ」は、つなひきかな?

年長組が植えた中庭の朝顔。タネがとれました。

対話する力  年長組

年長組たちがいつも使っている虫取り網。
今日はまだ園庭に年長組が出てきていないので、
年少組たちが使っています。トンボ、なかなかつかまりません!

山の上で。「トンボ」取り。

年長組は、お遊戯室で運動会競技の箱積み。
もう何年もしていますが、数年前から新しい技が生まれ、昨年それが確立して、
それが今年の子どもたちに受け継がれていて、驚きました。
箱の途中を持ち上げて、間に箱を入れていく方法。

担任が教えたわけではありません。ひとりがその方法に気がついて伝えると、
受け止めた方が理解して、それに応えて、やり方が広がっていったようです。

子どもたちはもともと人の話を聞くのが苦手です。しかしながらこの技、受け止める方もしかっり話を聞かないと、上手く協力が成り立たないのです。それが成り立つのです。
話し合って、作戦立てて、協力して。本日、ふらっとお遊戯室見に行ったのですが、年長組の育ちにビックリしてしまいました。

放課後、担任に話を聞くと、私と同じように子どもたちの対話の力を感じ、嬉しかったようでした。「この対話の力を育んだものは何か?」と雑談。いろんなことが関係してるのはいうまでもありませんが、ここ数年の取り組みから考えてみました。

まずここ数年間のアクティブ・ラーニングの取り組み。
保育室環境を大きく変えたこと。
いつでも対話が生まれる大テーブルとその周りの環境(これは大きく影響している気がする)。
6人用の軽い机の存在。
そして、ドキュメンテーション、ニュースレター。

話を聞くのが苦手な子どもたちですが、人から何か教えてもらうのも得意でないそうです。しかし、このニュースレター見ながら、友達のことに気がついて、やり方を教えてもらっている姿がよくみられるそうです。

近年の教育で重要な「主体的・対話的で深い学び」。この「深い学び」を生み出す過程で「仲間との対話的な活動」が重要になってきます。
この対話的な活動を促すものの一つに、「ケイドロ」「缶蹴り」など、ルールのある集団遊びもあると強く感じています。

運動会に向けて、どんな子どもたちがみられるのか、楽しみです。


「たなばたバス」上映会

年長組が制作した映画「たなばたバス」の上映会。

2チームに分かれて、年中組と年少組を案内する。お遊戯室に来るのを出迎えて「こちらにどうぞ」と声をかけていた。映画を見ているときも真剣に見入っていたのが印象的。年中組や年少組が「面白かった」「もう1回見たかった」と言ってくれた事が年長組にとって嬉しかった様子。

製作メモ
動く登場人物は主にiPadで描く。背景は絵の具。小道具類は色画用紙、カラービニール、テープなどで製作。グリーンバックで演じているシーンを撮影し、子どもたちが描いた背景と合成。夜空…少し前に幼稚園で流行った技法を子どもたちが使って星々を描く。

効果音は子どもたちが幼稚園の中で合う音を探して音を出し、
iPadのアフレコ機能を使って録音した。