白砂集めは三角関数

本園に脈々と伝わる泥だんごにかける白砂採集の技。斜めにした木の上に砂を載せ、もう一つの木で叩き、振動で粒の大きい砂と細かい砂を分離させて、上部に残ったきめ細かい砂を集めています。本日、年中組がやっていたので「どうして知ってるの?」と聞いたところ「この前あそこで(年長組)がやってるの見たから」と教えてくれました。この現象、三角関数の「斜面上の運動」で説明できるのではないかと、以前この方面に詳しい保護者の方に教えていただきました。高校で習うようです。その時、卒園生たちが「あ、泥だんごの白砂の集め方…」と思い出してくれたら嬉しいのですが、ちょっと時間が経ちすぎますね。最後の写真は数年前、TVドラマ「ガリレオ」の真似して、このエピソードで動画を作った場面です。

掲示物・ドキュメンテーションについて

数年前より、保育内容について保育者の意図を知っていただくため、
大きめのポスターを作って、園舎の窓に貼って、
お迎えの保護者のみなさんに見ていただいていました。


写真と文章で詳しく説明できるのですが、
この大きなポスターサイズのドキュメンテーションの弱点は
速報性に欠けることでした。

先生たちが速報性に長けた日々の保育のニュースレターを作るようになりました。
当初、保護者の方にも見ていただいていましたが、
子どもたちにとって自分たちの活動を振り返ることは、
保育としてとても良いので、今、保育室に貼られるようになりました。

デジタルサイネージ登場

園舎の窓ガラスにテレビを置いて、日々の写真をスライドショーで流すようにしました。
たくさんの写真を映し出せるのですが、
写真の解説がないとどう言う場面か、わかりづらい面がありました。

ニュースレターも保護者の方に見ていただきた。
テレビの写真に解説が欲しい。

そこで!
ニュースレターをテレビに映し出すことを試みたら成功!!

園舎の窓ガラスてテレビでニュースレターを映し出しています。
10秒ごとに変わっていきますので、幼稚園にきた時はぜひ見てください!

ポスターサイズのドキュメンテーションも回数は減りますが
これからも掲示していきます。

2019.10のドキュメンテーション