ポストを立たせる

年中組

空き箱で作ったポストが立たない。

のりでくっつけることを試み、ガムテープをいっぱい付け根に貼り付けても立たない。

保育者が「どうしてだろうね」

製作した子「重いから立たないんだと思う」

見ていた子「上を(空き箱が多すぎるから)軽くしたら?」

製作した子「それは嫌だ~」

ずっと「ねーどうしようー」って考える。そのうちに閃いたようで

製作した子「いいこと考えた」と写真のように椅子で台紙を挟むようにして解決。

こだわって作る

年少組ドキュメンテーション

海の生き物に興味をもったN君。海の生き物の図鑑を見ていて、サメの迫力に魅了されて「サメ作りたい‼︎」とサメ作りが始まりました。

図鑑に載っている、サメの歯が印象的だったようで「サメの歯作らなきゃ」と体に一生懸命貼っていきます。そして歯ができると、図鑑と見比べて今度は「目を描かなきゃ」と目を描きます。よくみるとオレンジっぽい色が見えたようで「この色もある」とオレンジのクレヨンで付け足していきます。

そんな感じで、1つ出来上がると次はどこを作ろうかなと図鑑と自分が作ったサメを見比べる姿がとてもいいなと感じました‼︎

 本物に近づけようと、図鑑と見比べ必要なものを自分なりに「こうかな?」と作ったり描いていたN君。出来上がった時の満足感は大きかったようで、サメを持って練り歩いていた姿も印象的です。

サメを作った後は、「たこも」作りたいと製作意欲満々でした♪

段ボールが恐竜になってきた!!

年長組ドキュメンテーション

恐竜の体つくり

毎日少しずつ体を組み立てて、大体の形が
出来上がりました‼︎
細かいところはどうするのか決めていませんが、足がついたことで迫力も出てきたことが
嬉しい様子の子どもたち。

どのくらい大きいんだろう…
と、自分の身長と比べっこをしてみたり
持ちあがるのか試してみたりしています♪

早く色を塗って目をつけたい!と話し、楽しみにしているところです♪(5/9)

今日はみんなの恐竜に段ボールを塗ることに!
大きな恐竜なので、塗り始める前に「これどこから塗る?」と子どもたち。

「上は手が届かない」「下からだったらできるけど」
「頭だけ塗らないの変かな?」と悩んでいた様子。

結局は最初は手が届くところをみんなで塗って、乾いたら横にたおして
頭の方を塗ることにしました。

どんどん段ボールが見えなくなってきたので、「段ボールが恐竜になってきた~‼︎」と喜んでいた子どもたち♪どんどん本物に近づいてきていることが嬉しい様子。

「早く頭も塗りたいね~」と楽しみにしているところです!

一緒に遊ぶ友達の存在

年少組ドキュメンテーション2022/5/2

 今のひよこ組の子ども達は自分のやりたい事、面白そうな事に関心を持っていてそれを1人で黙々とやっていたり、同じことを一緒の空間でそれぞれが楽しんでいるという時期なのかなと感じます。

 先日の外遊び。山に登って、そこから走って降りる遊びを楽しんでいた子ども達。自分の力で登ること、そしてそこから降りれることに喜びを感じているように思いました。

そこへ、「楽しそうだな」と他の子もやってきます。最初は自分の力だけで頑張ってみようと挑戦していきますが、頂上付近にくると高さや傾斜でうまく登れないことも‼︎

するとそれを見ていた子が手を差し出してくれます。頑張って登っていた子も、差し伸べられた手に気づき、その手を握り返します♪

そして次に別の子もやって来て、山の中腹あたりで止まってしまいました。今度は今手伝ってもらった子が手を差し伸べます‼︎優しさがつながり、優しさの連鎖が生まれた瞬間を見た気がしました。

 最近、女の子達は部屋に置いてあるドレスを着てプリンセスごっこを楽しんでいます。この3人も一緒にドレスを着てごっこの世界を楽しんでいます。きっとこの体験が今回の手を差し出すという行動に繋がっているのかなと感じます。一緒に同じことをするって楽しいねという気持ちを味わっているんだろうなと思います。一緒に同じことをする楽しさが、どんどんイメージを共有し合いながら遊びを作っていく(協同する)楽しさへと発展する最初の1歩を見たような気がします♪

ひよこ組(3歳児)2022.5.2